ドライマウスのチェックリスト・概念と背景

TOP : :  ドライマウスのチェックリスト・概念と背景

ドライマウスは、歯医者さんで検査・診断・治療できます!

どのような状態がドライマウスなのでしょうか?このような症状がありますか?

チェックリストで確認しましょう。

ドライマウスチェックリスト

  • 口の中が乾いて、ネバネバしている
  • 口で呼吸をしている
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • 食事中によく水やお茶を飲む
  • パンやおせんべいなど乾いた物が食べにくい
  • 味覚が変わった、味がよくわからない
  • 目や鼻が乾きやすい

  • しゃべる時に、舌がうまく動かず、話しがもつれる
  • 虫⻭や⻭周病になりやすい
  • 日中にノドの乾きをよく感じる
  • 夜間、起きて水を飲む
  • 口内炎や唇のひび割れがよくおこる
  • 舌が痛い
  • 口の中がヒリヒリ痛い

そもそもドライマウスとは?

上のチェック表に、当てはまるものがあったでしょうか?

当てはまるものが多ければ多いほど、ドライマウスの可能性が高くなります。

お口が渇くことを「ドライマウス」といいます。
ドライマウスで悩んでいる人は800 万人、潜在的な患者さんは想定 3,000 万人とも言われています。 ドライマウスの原因は、いろいろあります。
加齢による筋力低下や、糖尿病やシェーグレン症候群のような口の渇きをもたらす疾患、また高血圧や精神疾患などに処方される薬には、口渇の副作用があるものが多くあります。また、ストレス社会もドライマウスの原因となっています。
このような様々な原因が複合的に絡みあって、ドライマウスの潜在的な患者さんが増えています。

唾液(だ液)の分泌は、自律神経に支配されていて交感神経優位(緊張時、ストレス時、戦闘モード)になると唾液(だ液)分泌量は減り、また分泌される唾液(だ液)もネバネバしています
が、逆に副交感神経優位(リラックス時)になると、さらさら唾液(だ液)が多く分泌されます。
このように「気持ち」と「唾液(だ液)」の分泌には密接な関係があります。「気持ち」も原因のひとつになります。

また、唾液(だ液)には、後述しますが体にとって様々な有益な機能が備わっています。
ドライマウスは単に口が渇くだけでなく、免疫機能が低下したり、体のさまざまな障害の元になることもわかってきました。
当院では、患者さんのお話を伺い、検査をし、原因を探り、ドライマウスの治療をします。
ドライマウスが治ることで食事がおいしくなり、健康状態がよくなることも多く見受けられます。

気になる症状のある方は、ぜひ一度お話を聞かせてください。

口臭・ドライマウス外来専門サイト 監修:かみむら歯科矯正歯科クリニック

0120-418-646
0120-418-646

午前9:30~12:30最終
午後14:30~18:45最終(土曜16:45最終)

休診日 外来:木・日・祝祭日/往診:日・祝祭日

0120-418-646

医療法人社団マハロ会 かみむら歯科矯正歯科クリニック

一般歯科、小児歯科、矯正歯科、インプラント、口腔外科、審美歯科、訪問診療

〒343-0823 埼玉県越谷市相模町3-246-1

0120-418-464(048-988-1182)

 

外来AM × × ×

外来PM

× × ×

【受付時間】9:30~12:30/14:30~18:45(土曜は16:45)
【診療時間】9:30~19:00
【休診日】木、日、祝祭日

Copyright © かみむら歯科矯正歯科クリニック All rights reserved.